関東本部大会

田原です。

4月21日関東広域本部予選会の視察に行ってきました。

2週間前中日本の予選会が終わったばかりですが

やはり技能競技大会ではレギュレーションの変更があったのは大きく

どのように運営されるのか?どんな段取りでされるのか?どこまで運営側が用意するなど

気になることが満載でしっかりと勉強できる状況で行ってきました。

 

大きく違ったのは運営のスケジュールで

確かにと思う部分も多々あり勉強になりました。

今年から全国大会はどのようなスケジュールでされるのか?も気になるところで

今年の全国大会が今後のベースになってきますので

今回はどのような感じでされるのか?もしっかりとみてきました。

 

佐藤は観戦に来ておりましたが

あまり会うことなく最後の部門が終わったらとんぼ返りで仕事に向かったので

バタバタだったと思いますが勉強になったと思います。

打ち上げをして少し飲みに行かせていただき

万が一遅れてもと思い、最終一本手前を取っておりましたが時間ギリギリまで楽しませていただきなんとか間に合いました。

お世話になりました皆様方には深く感謝申し上げます。

研究会

こんばんは!今回はリンピンが担当させていただきます。

4月20日土曜日に日仏貿易さんのモナンシロップの研究会がおこなわました。

今回はフルーツミックスとシロップの違いとモナンフラッペや今年のモナンカップのご案内です。

 

 

まずは、フルーツミックスタイプとシロップタイプの違いを簡単に説明します。

シロップタイプは溶けやすくスピード重視のドリンクメインやシロップの特徴である甘さのボリュームで満足感のある万人受けドリンクを作ることができ

フルーツミックスは実際の果汁、果肉を50%以上使用し、スイーツにも使えて

長期の保存と常温の保存が可能なので自宅に一本あるとスイーツなどが作れそうな気がします。

 

モナンフラッペベースは

分離(氷の解け)を防ぐ、氷で伸びた味も補えしっかりした味わいが出せるのが特徴です!

そして、フラッペベースを使ったカクテルを作っていただきました。

デザートカクテルであるグラスホッパーをスムージーに!

王道カクテルのジントニックをスムージーに!

新感覚スムージーでビールを使用したビアスムージーを美味しく頂きました!「こんな作り方もあるだな」と実感しました。

 

最後に今年のモナンカップのご案内をして頂きました。

締め切りが5月12日の日曜日です。

自分も挑戦する予定なので頑張ります!

ドンフリオ1972セミナー

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

 

先週ドンフリオ1942のセミナーがあり、参加してきました。

ウォッカ、ジン、ラムなど世界には様々なスピリッツがあります。

僕はテキーラが一番好きです!

このセミナーのご案内を聞いた時にカクテルコンペも近いですが、もちろん参加しないと!と思いました笑

当日は名古屋市内のラグジュアリーな会場で、ラグジュアリーテキーラの魅力を講師の日本テキーラ協会会長 林生馬さんから沢山学ばせていただきました!

今、世界(特にアメリカ)で盛り上がっているお酒はアガベスピリッツ、テキーラだそうです。

確かにお店にみえる外国人のお客様からテキーラのご注文が増えています。

日本でテキーラといえば罰ゲームやショットで一気に飲み干す、度数が高いなどなど、どうも悪い印象が根付いている気がします。

僕もテキーラの最初の印象はそうでしたW

テキーラを好きになったきっかけがこのドンフリオです。

まずテキーラとは、メキシコのハリスコ州グアダラハラ市近郊のテキーラ村(世界文化遺産にも登録されているそうです)で作られています。シャンパンやコニャックと一緒で原産地呼称なんです。

テキーラ村で作られていないとテキーラとは言えないという事です。

 

何から作られているか、よくサボテンから作られると聞く事がありますが違いまして笑

アガベ・アスール・テキラーナという竜舌蘭の一種から作られています。

ブルーアガベとも呼ばれます。アスールは青という意味

アガベはヒガンバナ科の植物でアロエやアスパラガスの仲間みたいです。

使われるまでの生育期間も7~10年かかるのでとても貴重です。

ドンフリオはアガベ作りにもこだわっており、アガベとアガベの間隔を広めにとって育て栄養をしっかり取ったモノを使っているみたいです。

表皮を削って材料として使いますが、深めに削って更に芯の部分も取り除くそうです。これにより苦味や辛味がない美味しいテキーラが作られています。

日本酒の精米歩合に似てますね!

 

テキーラは種類があって、簡単な説明だと以下に分かれます。

・ブランコ 無色透明でシルバーテキーラとも呼ばれます。

・レポサド ゴールドテキーラとも呼ばれます。二ヶ月樽熟成したものです。

・アネホ まろやかな味わいで、1年樽熟成しています。アネホは古いという意味

・エクストラ・アネホ 3年樽熟成してアネホよりも香りや味わいが華やかで甘い印象のものが多いです。

ドンフリオ1942はアネホにあたります。

 

とても美味しいので、ぜひ飲んでいただきたいです!印象が変わると思います。

まずはストレートで。途中に小さい氷を加えてもいいと思います。

テキーラはロックでも楽しめると会長はおっしゃってました!

 

テキーラのカクテルだと世界的に飲まれているのは、テキーラブランコを使った「パロマ」だそうです。

テキーラとグレープフルーツを合わせ、トニックやソーダで割ったロングカクテルです。夏の暑い日にピッタリですね!

 

他にも沢山学べてテキーラがもっと好きになったセミナーでした!

ぜひテキーラを楽しみましょう!

桜尾

 

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

先々週の火曜日にバーテンダー協会愛知県支部の研究会に参加してきました。

今回はサクラオブルワリーアンドディスティラリー様のセミナーでした。

こちらの商品をテイスティングしながら、蒸留所責任者の方がオンラインセミナーを開いてくださりました。

スタンダードのシングルモルト桜尾、シングルモルト戸河内、ジン桜尾リミッテッドは当店でも取り扱いがあるので味は知っていましたが

特別に樽出し桜尾と戸河内もテイスティングさせてもらいました。

この二つは商品化されていないのでなかなか飲めるものではありません。

二つとも個性がハッキリしていて美味しかったのですが、その場にいた全員が樽出しの戸河内が美味しすぎる!

これは商品化しないのですか!?と絶賛していました。

 

これからどんな新商品が出てくるか楽しみです!

みなさんもサクラオディスティラリーの商品を是非飲んでみてください!

グレンモーレンジ蒸溜所見学

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

この旅のメインイベント、グレンモーレンジ蒸溜所見学!

実はこの業界に入って、初めての蒸溜所見学なんです。

至るところにキリンさん

蒸溜所の入り口近くで、すでにウイスキーやアルコールの臭いがして気持ちが酔い始めます笑

まずはグレンモーレンジに使われる大麦麦芽を見せてもらいました。2枚目がシグネットに使用されるチョコレートモルト。

次にヒーティングタンクとマッシュタン(糖化槽)、ウォッシュバック(発酵槽)の見学

発酵槽の窓が開いていたので、どんな香りがするのかと鼻を近づけると。

ッツ!!!

とんでもないガスを吸ってしまったような刺激w飛びかけました笑

ワート(麦汁)とウォッシュ(もろみ)を試飲

蒸留機 左側に初留機が6基、右側に再留機が6基

本当に首が長い。キリンさん。

前日に見たカドボールストーンの窓

2021年にできたばかりの蒸留実験施設「ライトハウス」

残念ながらライトハウスに入る社員さんも限られているそうで、見学はできませんでした。

ウェアハウス(熟成庫)

ファーストフィルカスクが赤、セカンドフィルカスクが黒と色分けして並べてあります。

使用している樽も初めて見る事ができました!

オロロソシェリー

ルビーポートワイン

ソーテルヌワイン

 

蒸溜所内にあるショップに移動し、その隣にある試飲コーナーで特別なグレンモーレンジを楽しませていただきました。

このCASK 1784 DISTILLERY EXCLUSIVE RELEASEは、出会ったウイスキーの中でもトップクラスに美味しかったです!!

16YEARS PEDRO XIMENEZ SHERRY 55%

再びグレンモーレンジ蒸溜所に訪れた時に必ず購入したい夢の1本です!

GRAND VINTAGE MALT 1995

僕の生まれ年のグレンモーレンジ。日本でもリリースはされていますが、1995は探しても見たことが無かったので感動しました!美味しかったです。

蒸溜所近くにあるターロギーの泉も見に行きました。

グレンモーレンジの仕込み水が湧き出る泉です!

人生初の蒸溜所見学。自分の目で見て肌で感じて更にウイスキーがグレンモーレンジが好きになりました。この経験を様々な事に活かしていきたいと思います。

ツアーはここから2日間ロンドンへ移動して、バッキンガム宮殿やビッグベン、セントポール大聖堂、タワーブリッジ、ロンドン塔などロンドンの有名どころを回ったり、老舗高級百貨店に行ったり、昼と夜には有名なパブでビールと食事を楽しみ、

世界のベストバー50(World’s 50 Best Bars)にランクインしているホテルバーにも行く事ができました!

あっという間のとても濃い4泊6日のスコットランドグレンモーレンジ蒸溜所、イギリスロンドンツアーでした!まだ知らない世界中のいろんなところにも行きたい、バーテンダーとして人としてもっと成長していきたいと思いました。

年内のブログが今回最後となってしまいます。

今年も大変お世話になりました。

残り1週間ちょっと全力で頑張りたいと思います!

また来年も引き続き、よろしくお願い致します。

メリークリスマス!そして良いお年を!

ありがとうございました。

認定試験の結果

こんばんは!今回はリンピンが担当させていただきます。

全国一斉バーテンダー協会の認定試験の合否の結果が来ましたー!

合格発表の1日前は頭の中は結果が気になり過ぎて、落ち着きが無かったですけども、お酒をいただきながら頭の中を整理しなんとか落ち着きを取り戻しました。

発表時間は11月27日の12時過ぎにバーテンダー協会のホームページにて記載されます。

次の朝を迎え12時前ぐらい起きようと思いましたが!なぜか分かりませんが11時に起床しました!(゚Д゚)そしてバーテンダー協会のホームページにメールが届いきました。

それでは!

発表いたします。

結果はーーーーー! ”合格”! 致しました\(^O^) /

とても安心感がすごかったです!

これで来年度のカクテル大会に出る資格を取得しました!

でも、これはスタートラインに過ぎません。来年に向け大会など頑張りますので応援のほど宜しくお願いします! (_ _)

合格してよかったーー\(^O^) /

スコットランド2日目

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

 

ツアーブログ、グレンモーレンジハウス編です。

インヴァネスからテインという街に移動し、宿泊するグレンモーレンジハウスへ。

キリンがお出迎え

早速1発目のアクティビティ!

グレンモーレンジのボトルにもあるシンボルマーク「カドボールストーン」を見に行きます。

昔この地に住んでいたピクト人が残した石碑ですが、1度壊れ崩れてしまった石碑をスコットランドのアーティストさんが復元したものです。

感動的でした!

ハウスへ戻るとみんなが泊まる各部屋と団欒する部屋、食事をする部屋ひとつひとつにテーマがあるそうで、説明を聞きながら回りました。

この部屋が僕の泊まった部屋です。テーマは「ネクター」

グレンモーレンジネクタドール

僕が一番はじめに好きになったウイスキーなんです。運命です!

お昼からのアクティビティは、クレー射撃体験とグレンモーレンジを使ってカクテル作りをしました!

夜はスコットランドの有名なバグパイプの演奏を聞きながら美味しいディナーを食べてとても幸せな時間を過ごしました。

素敵な1日でした。

 

でもこの日最後にハプニング…。笑

ぜひこのお話はお店でお話させてください笑

 

次回は蒸留所見学編です!

ホイッスルピッグセミナー

田原です。

先日行われたエニタイムウイスキーのイベントの合間をぬって

ホイッスルピッグのブランドアンバサダーでありますデヴィッドさんにお越しいただき

セミナーを開催していただきました。

沢山のお客様にご案内したかったのですが

急遽決まったため、ご案内が行き届かなく大変失礼いたしました。

結局10名くらいのお客様で開催しましたが

カウンター席が埋まるくらいの状態でしたので話も届きやすく

コミュニケーションをとりながらスムーズなセミナーでした。

今後も何かイベントがある時はブランドアンバサダーが名古屋に来やすいので

またセミナーなどできたらと思います。

 

デイヴィッドさん曰くお湯割りも美味しいよと言ってましたので

寒くなってきたこの季節、お湯割りも試してみてはいかがでしょうか?

MONIN MASTERS NAGOYA 2023

こんばんは!今回はリンピンが担当させていただきます。

11月8日水曜日 会場BAR MON にMONIN MASTERSモナン試食会&特別ゲストセミナーが行われました。

今回のセミナーはDIAGEO WORLD CLASS 2023 JAPAN FINALの優勝者・野里史昭氏が特別ゲストで世界コンペ対策と世界大会を制したカクテルのデモンストレーションをしても試飲しました!

その他にもブランドアンバサダーKyuma Mogi氏より新しいシロップの活用法を紹介してもらい

1つ目はモナンライチ・シロップにカスカラというコーヒーの皮と果肉部分を乾燥させた物を混ぜるというシロップと

2つ目はモナントリプルセックキュラソー・シロップにかつお節を混ぜるというシロップを作りそのシロップを使いながらカクテルに仕上げたもの

こんな作り方もあるんだな、と実感しました!

最後にクイズコーナーをチャレンジをやり、クイズ内容は6個のカップにモナンシロップが入ってどんなシロップか当てようーというゲームで全問正解した場合!なんと!3つモナンシロップをプレゼント!

不正解があったら1つプレゼント!

これは当てるしかない!

が、残念ながら不正解したので1つだけモナンシロップをいただきました(゚◇゚)ガーン 機会があればWORLD CLASSに挑戦したいと思います!

 

スコットランド1泊目

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

 

前回のツアーブログの続きでスコットランド編です。

フランス パリのシャルルドゴール空港を経由してイギリス スコットランド エディンバラ空港に到着!

荷物受け取りでロストバゲージのハプニング発生…。

メンバーの荷物が羽田空港から出発していない事が分かりましたw(2日後、ロンドンで受け取り)

僕の新品スーツケースも傷だらけになっていて海外の洗礼…笑

エディンバラからインヴァネスまで専用バスに乗って移動します。

 

昼食は世界遺産のフォース橋が見えるレストランで

アヒルのコロッケとホタテ&ブラックプティングをいただきました。

早速スコットランド名物にありつけて感激です!

 

緑の丘と羊を眺め、ガイドさんの街の説明を聞きながらバス移動。

休憩で寄った公衆トイレですが、使用するのにお金がかかるんですねwビックリです(約100円)

半日以上の移動も終わりインヴァネスに到着。ホテルへチェックイン

近くのレストランでみなさんと夕食を食べました!

ジャンボハイランドビーフのステーキをいただきました!

 

出発からほぼ移動しっぱなしの1日だったので、ぐっすり寝ることができました。

次回はスコットランド2日目、グレンモーレンジハウス編です!